【30分のバイトから!】シェアジョブとは?ジョブシェアリングの良さも解説

公式ページURL

シェアジョブ

無料
8.5

料金価格

10.0/10

実用性

9.1/10

面白さ

9.0/10

知名度

8.2/10

今後の期待度

6.2/10

メリット

  • 24時間365日いつでも掲載・応募
  • 登録ユーザー数58万人
  • やりとりは全てチャット

この記事ではシェアジョブの気になる実態やメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

現在、1日30分からの単発バイトから1ヶ月以上の中長期バイトまで、幅広いお仕事を依頼したい方はいませんか?

雪おろしやいちご狩り、収穫の手伝いなど農家さんも手が足りないときに依頼してみませんか?

この記事通し、手が足りないときのお悩みを少しでも解消するお手伝いが出来たらいいなと思います。

それではシェアジョブについてご紹介していきたいと思います。

シェアジョブとは?

シェアジョブリング とは

引用:https://sharejob.jp/

「シェアジョブ」は、シェアリングエコノミーサービスのなかでも、家具の組み立てやお花見の場所取り、配達・引越し手伝いなどの軽作業に特化した新サービス。

価格は税別2,000円~5万円の中で依頼者が自由に選べる設計となっており、気軽に依頼することが可能となっている。

特にスキルを必要としない業務のため、短期のアルバイト感覚で稼ぎたい学生や、副業の一つの選択肢としてすき間時間を有効に活用したいビジネスマン、時間に余裕のあるシニア世代など、幅広い世代の人に新しいスタイルの働き方を提案することができるとのこと。

アプリは依頼用とワーカー用の2つを用意しており、それぞれのアプリを通じてマッチングを行う。利用後は、依頼者・ワーカー双方で5段階評価をつけられるため、評価を基準にマッチング相手を選ぶことも可能だという。

バイト募集 × AI × イマドキ

「シェアジョブ」は、誰でも簡単に求人を掲載でき、空いた時間にすぐに働けるサービスです。

求人掲載から給与(報酬)の支払いまで、すべてインターネット上で完結でき、働き終わったら、24時間365日いつでも給料(報酬)の引き出しが可能です。

シェアジョブが選ばれる理由

仕事の依頼から報酬の支払いまで、すべてインターネット上で完結。

また、必要最低限の業務だけの依頼や、時間単位での依頼が可能なうえ、依頼方法も複数から選べるなど、ご希望に合わせてリソースやコストの最適化が図れます。

24時間365日いつでも掲載・応募

24時間365日、いつでもどこでも求人情報を作成、掲載することができます。

さらに、依頼コピー機能ならワンクリックでサイト内に求人掲載が可能です。

急な増員や欠員補充など、緊急性の高い募集にも対応することができます。

登録ユーザー数58万人

大学生やフリーター、主婦(夫)など幅広い年齢層のワーカーが登録しています。

圧倒的な集客力と登録数は、短期単発の求人マッチングサイトでは最大級を誇ります。

フレッシュな新規会員もどんどん増加中です。
※2020年12月時点当社調べ

仕事マッチング率80%
約58万人の登録ユーザーの内、91.4%は倉庫内作業経験者となっております。

サイト内の稼働リピート率は圧倒的な72.8%となっており、初期教育の手間はもちろん採用コストの大幅な削減にも貢献します。
※2020年12月時点当社調べ

安心できる本人認証機能
身分証明書確認済みのワーカーに対して、本人認証マークを付与することで、安心安全な取引を実現することができます。

簡単なお仕事のみ

切れた電球を変えたり、場所取りしたり、車で留守番したり・・・、特別なスキルは不要なお仕事がほとんどで時間も様々、すき間時間でお仕事できます。

やりとりは全てチャット

コミュニケーションはすべてアプリ上なので、依頼者に電話番号を教える必要はありません。

また現金やり取りもないので安心安全です。

ジョブ・シェアリングのメリット

ジョブ・シェアリングのメリットについて、代表的なものをご紹介しましょう。

フレキシブルな働き方が可能

現在日本では、結婚や出産、介護などによってフルタイムで働けなくなった方々が離職を余儀なくされるケースが問題視されています。

ジョブ・シェアリングの導入によって、たとえば1つの職務をAさんが月曜・水曜、Bさんが火曜・木曜・金曜を担当するという勤務形態や、午前中はAさん、午後はBさんという形で時間で分担するような形態をとることが可能になりますので、企業にとって痛手となる優秀な人材の流出を食い止め、人材定着を高めることができます。

また従業員も正社員の職務を失うことなく働き続けることができるというメリットにつながります。

女性管理職率アップ

日本ではまだまだ、出産・育児に伴い時短勤務になった女性社員が管理職になるケースは少ないですが、先述のアメリカFleet Bank事例のように管理職の職務をシェアするという働き方ができるようになれば、女性管理職率のアップにもつながりやすくなります。

生産性の向上

日本は先進国の中でも生産性の低い国であることが、OECDの統計結果(※2)からも明らかになっています。

2015年度の時間当たり労働生産性は対象35国中20位であり、対象国の平均値(50ドル)を下回る42.1ドルとなっています。

米国(5位:68.3ドル)、フランス(6位:65.6ドル)、ドイツ(7位:65.5ドル)、オランダ(8位:65.4ドル)と、上位にはジョブ・シェアリング先進国である欧米諸国が入っていることからも、ジョブ・シェアリングが生産性向上につながり、より短い時間で効率的に仕事を行う働き方として機能していることが伺えるといえるでしょう。

ジョブ・シェアリングは日本にはなじまないとする考えもまだ根強いものの、国を挙げて女性の社会貢献を推進している現状、そして高齢化に伴う介護の長期化など、我々を取り巻く社会環境は劇的に変化しつつあります。

サービス残業の問題のように、多くが残業を前提とした働き方になっている日本ですが、出産育児、介護、あるいは勉強との両立など各ライフステージに応じた多種多様な働き方ができる労働市場の実現が求められてきているのです。

まとめ

ワークシェアリングは、日本ではまだ導入されている事例は少ないですが、将来的に重要となる手法の一つです。雇用の創出やハードワークの緩和、様々な働き方の提案など、現代の労働環境の課題を解決する一助となります。

メリットは職場環境の改善と労働時間短縮が可能という点と、デメリットは生産性の低下と労働者の収入の減少という点です。

しかし、シェアジョブのような手法を取り入れることでデメリットを最小限に抑え、メリットを伸ばすことが可能になります。

雇う側と働く側が効率よく働くのには必要だと思います。シェアジョブでは手が足りない時に依頼しやすいため、デメリットを補うことにもなります。今後の職場環境には新しい風とになり、生産性を低下させないためにプラスの効果をうむと思います。

URL
https://sharejob.jp/
マッチング
バイト

このサービスへの貴方の意見をいただけたらと思います!

内容



※自身のサイトがない場合は、「https://www.google.com/」と書いていただければと思います。

※メールアドレスに関しては、個人情報なので漏洩することはありませんが、どうしてもお伝えしたくない場合「himitudesu@gmail.com」と入力してください。

画像について

この記事のロゴ、画像及び参考資料は、紹介サービスの公式サイトから引用させていただいております。

ページ上部の方に、引用元のリンクを貼っておりますが、削除依頼があれば早急に削除致します。

サービスの利用について

当メディアで紹介しているサービスは基本的には安全なものを剪定して選んでおります。



しかし、表面だけサービスを調査しても実際の中身は分かりません。必ず、サービスを利用する前には無料体験やカウンセリングを経て利用される事を推奨します。

ブログ一覧