【実際に使ってみた】Dine(ダイン)とは?特徴や使い方を詳しく解説!

公式ページURL

Dine 2,400円/月〜
9

料金価格

9.0/10

実用性

9.1/10

面白さ

9.6/10

知名度

7.9/10

今後の期待度

9.4/10

メリット

  • “メッセージなし”でまずはデートできる
  • Dineではオンラインデートを申し込むことができる

デメリット

  • 特になし
おすすめ恋愛マッチングアプリ
意外と知られていない「恋愛しまくれる」アプリをまとめています!

⬇︎すれ違いで恋愛が出てしまう新時代のマッチングアプリ

クロスミー (詳細記事)

⬇︎美女とハイステータス男子しか登録できない審査制アプリ

Mr&Miss (詳細記事)

⬇︎出会いのチャンスは格段に増やしたい人向け!

ラブサーチ (詳細記事)

Dineとは、男女の出会いをサポートするマッチングアプリです。

ただ、ほかのマッチングアプリ・サイトと異なるのは、メッセージ交換をとばして、とにかく出会うことが目的です。

これは結構、難しいところだと思います。「危ないんじゃないの?」そういう声も聞こえてきそうです。

でも…マッチングアプリ・サイトを経験した方が一度は体験していること…「会ってみたらなんか違う」を飛ばすことができるメリットがあります。

もしこのアプリを知っていたら確実にしていたと思います。今から、Dineについて詳しく見ていこうと思いますので、少々長くなるかもしれませんが、最後まで読んでくださるとうれしいです。

Dine(ダイン)とは?

Dine とは

引用:https://dine.app/

会社 株式会社Mrk&Co
業種 恋愛マッチングサービス
代表 上條 景介
料金 1ヶ月
6,500円/月
3ヶ月
4,800円/月
6ヶ月
3,800円/月
12ヶ月
2,900円/月
公式サイト https://dine.app/

それでは詳細を見ていきましょう。

特徴①出会ってからが重要!

Dineは“メッセージなし”でまずはデートするという出会いアプリです。

通常のマッチングアプリ・サイトはじっくりとメッセージ交換してからデートの約束をします。

でも…みなさんはこんな体験はないですか?「メッセージの段階では気が合うと思ったのに、実際会ってみたらなんか違った!」「プロフィール写真がとてもタイプだったので1ヶ月粘ってデートを取り付けたけれど、実物はそれほどタイプでもなく、会話も盛り上がらなかった!」このような体験をした方には、Dineをお勧めできると思います。

Dine メッセージなし

引用:https://dine.app/

とにかく…会わないとわからないことはあります。一生懸命1ヶ月メッセージ交換していたとしても、実際会ってみて違ったら、(申し訳ないですが)時間の無駄だった…とは思いませんか?そういう意味でDINEは非常に便利なアプリだと思います。

もしかすると、女性はこう思うかもしれません。「メッセージなしで出会ったら相手が危険な人かもしれない(ヤリモクかもしれない)」でも、これはほかのすべてのマッチングアプリ・サイトでも同じです。

要はヤリモク(ヤリモクとは、女性とワンナイトを過ごそうとする男性をさします)に引っかからなければいいんです。

ヤリモクはすべてのマッチングアプリ・サイトに潜んでいます。

なぜ、ヤリモクは1ヶ月のメッセージのやり取りを嫌がると思うのですか?彼らのバイタリティーはすごいです。1ヶ月のメッセージのやり取りを別段面倒だとは感じないでしょう。

ですから、ほかのマッチングアプリ・サイトと同じくらい慎重になればいいだけです。男性の気持ちを考えてみましょう。

誰だって、「一ヶ月やり取りをした女性と結局会えなかった」り、「一ヶ月やりとりした女性と実際に会ったら死ぬほど盛り上がらなかった」りしたらいやだと思いませんか?普通の(ヤリモクでない)男性でもDineを利用するでしょう。

特徴②オンラインデートがある

Dine オンラインデート

引用:https://dine.app/

かといって、この時期…外食するのも面倒くさい…、そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合、なんとDineではオンラインデートを申し込むことができます。やり方はとても簡単です。まずは、リクエストに「オンラインDINE」とあるユーザーを選びましょう。

「オンラインDINE」の表記があるユーザーは、オンラインデートも可能な相手です。相手とマッチングしたらデートの日時を決め、オンラインレストランを予約しましょう。(オンラインレストランとは、仮想空間のレストランです。

サイト内で選定することができます)フードやドリンクを準備して、予約時間の5分前に「入店」を押しましょう。フードやドリンクの準備なんて、本当のデートのようで盛り上がりますね!最後にビデオチャットでデート開始しましょう。

確かに、実際会うほどにはイメージはわかないかもしれません。しかし、「静止画」に向かってメッセージを打ち続ける、または、音声のみによる通話機能で相手と繋がるよりもずっと相手のことがわかるでしょう。

その静止画は本当にナチュラルな写真ですか?SNOWなどで加工されていては、相手の雰囲気はわかりません。

動いて、話して、あなたの問いかけに応えて…そういう「間」や「表情」が実は一番大切ですよ。

Dineの使い方

それではどのようにDineを利用すればいいでしょうか。とても簡単そうです。

一緒に見ていきましょう。

①アプリをダウンロードしましょう

Dineのアプリをダウンロードしましょう。

そのあと、登録方法を選択します。「ログイン」というボタンをクリックし、基本情報を入力します。ここまではほかのマッチングアプリ・サイトと似ていますが、次は地域のお店を選択します。

このあたりがDineならではですね。お店を選択して、最後に写真を選択すれば登録完了します。

②マッチングしましょう

Dineにはマッチングアプリによくある「検索機能」がありません(性別・年齢・居住地のみで絞ることが可能です)。

そのため、その日Dineがピックアップした会員10人を選んで表示してくれる機能、「TODAY’S PICKS」または、人気ユーザーのみが表示される機能である「TOP PICKS」のどちらかを使って マッチングする必要があります。(それぞれから毎日10人にアプローチすることができますが、プロフィール内容を閲覧するためには特別なプランへの登録が必要です)

また、Dineには「いいね」のボタンがありません!それではどうやってアプローチするのでしょうか、行きたいお店リストから1店舗選んで、その女性に対して上に向かってドラッグすることでアプローチができるようになっています。

すごいですね。あまり好みでない異性がPICKS画面に出てくれば、右下にある「SKIP」というところをクリックしましょう。もしも、もっとアプローチをしたいと思えば、コインを使えばアプローチ枠を増やせますよ。

他のアプリともっとも異なることは、Dineでは「アプローチ=デートのお誘い」なので、「マッチング=デートの承諾」となります。マッチング後の画面では、すでにデートの日程を提案するカレンダーが表示されるので「メッセージ」の手間が省けます。

この中から、都合のいい日程や時間を最大5つ選んで送信します。相手も同様に、都合のいい日程や時間を送り返すことで、デートの日時が決定します。

Dine(ダイン)と他の恋愛サービスを比較

今回紹介したDineと他の恋愛サービスを比較していきたいと思います。

当メディア「SABICHOU」で紹介しているサービスと比較していくので、気になったサービスはサービス名をタップしていただくことで詳細記事を読むことができるので、ぜひ参考にしてみて下さい!

  • Dine:
    圧倒的に短期間でマッチングすることができる恋愛マッチングサービス。メッセージのやり取りなどが不要なので対面で会うまでが早い。
  • youbride
    成婚実績がNo.1の婚活マッチングサービス。圧倒的な実績があるからこそ、安心感がある。
  • marish
    累計マッチング数が200万件を突破した国内トップレベルのマッチングサービス。恋愛のみならず婚活の人をも利用可能。
  • PARTY☆PARTY
    圧倒的な質の高さを誇る婚活イベントサービス。最初から自分の希望にあった異性を中心としているパーティーに参加することができる。
  • ペイターズ
    昔からパパ活マッチングアプリとしてかなりの人気を誇るサービス。質の高い男性が非常に多いことで有名。
  • ブライダルネット
    男女ともに有料なので、安全性が非常に高い婚活マッチンサービス。かなり真剣な人が沢山います。
  • ブライトマッチ
    高学歴の男女のみ登録可能なマッチングサービス。審査があるので、質の高いユーザーだけがいます。
  • Mr&Miss
    こちらは顔を審査した上で登録できるマッチングサービス。美男美女だけに絞ったサービスになります。
  • ASOBO
    誰でも気軽に登録して出会える、ライト感覚な出会いを求めることが可能なマッチングサービス。
  • ラブサーチ
    30代以上の男女恋愛を求める人に最適なマッチンサービス。
  • イククル
    超絶気軽な気持ちで恋愛をしたい人向けのマッチングサービス。サクラはいないと公言しているので安心。
  • ハッピーメール
    映画にもなったマッチングサービス。広い範囲でマッチングできるのでかなり楽しい。
  • クロスミー
    日本初、すれ違いの出会いを求めるマッチングサービス。すれ違い通信ですれ違った人と恋愛が可能。
  • ワクワクメール
    第三者に知られたくない人におすすめの気軽に始められるマッチングサービス。年齢層がかなり幅広い

Dineまとめ

Dineは「まずは会ってみる」ことを目的としたマッチングアプリです。確かに危険だと考える人もいるでしょうし、危険なこともあるでしょう。しかし忘れてほしくないのは、ほかのすべてのマッチングアプリ・サイトも同じくらい危険です。

マッチングアプリ・サイトはすべて自己責任です。自分で自分の身を守らなければいけません。

ですから、Dineだけが特別危ないわけではないのです。そして、もしやはり直接出会うことに危険を感じるのであれば、Dineのオンラインデートを利用してみましょう。

とにかく一歩前に進まなければ、異性との出会いなんてこの令和の時代ありません。

ここまで読んでくださってありがとうございました。Dineでもほかのマッチングアプリ・サイトでも、この記事を読んでいるみなさんに素敵な出会いがあるように願っています。

Dine(ダイン)を実際に使ってみた感想

今回は男性の調査員が実際に本気で1週間Dineを使ってみました。

こちらのマッチングアプリは若年層向けではないような気がしました。

その理由として、マッチするために店などを登録するのですが、、、全部若者には高いような場所ばかりで本気の人たちが集まっている感じがはっきりとします。

1番安い店でも、そこそこのお値段がする会員制のカフェなどだった。
Dineのオンライン通話などもあるが、なんだかんだお金がかかるのでそこで収益を得ているのではないかと思った。

このDineというアプリを使ってみて分かったのですが、Dineには「奢る」という選択を最初からすることができるようです。

スワイプの際に「奢る」を選択することで圧倒的にマッチしやすくなるということでしょう。

とはいえマッチする女性を探している時も高額な店を選んでいる人が多く見られ、最初から奢られる気まんまんの人が多くいたり、謎のプロフィール文などを書いている方々が大勢いて、不思議だったというのだけ1つ残念だったポイントです。

今回は、招待コードを利用したおかげで1週間無料でGoldプランに加入することができましたが、実際はこのGoldプランに加入するためには3,900円/月がかかってしまいます。

招待コードを利用すると14日間無料で利用することができる

個人的には、若年層にはクロスミーラブサーチの方が使いやすいようにも感じられました。

ただ、本気で結婚までを考えている方や、とにかくマッチしたい方には向いているアプリなのではないかと思いました。

 

※当記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。詳細はこちらをご覧ください。

サービスへのレビューをお願いします!

レビュー内容



※メールアドレス・サイトを記載しなくてもレビュー投稿ができます。



画像について

この記事のロゴ、画像及び参考資料は、紹介サービスの公式サイトから引用させていただいております。

ページ上部の方に、引用元のリンクを貼っておりますが、削除依頼があれば早急に削除致します。

サービスの利用について

当メディアで紹介しているサービスは基本的には安全なものを剪定して選んでおります。



しかし、表面だけサービスを調査しても実際の中身は分かりません。必ず、サービスを利用する前には無料体験やカウンセリングを経て利用される事を推奨します。

SABICHOUマガジン