【サイクル好きには最高!】wiggle(ウィグル)とは?特徴や評判・口コミまとめ

公式ページURL

wiggle 料金は公式ページを確認
9.3

料金価格

9.6/10

実用性

9.8/10

面白さ

9.1/10

知名度

9.0/10

今後の期待度

8.9/10

メリット

  • 問い合わせも日本語で対応
  • 日本にはない商品がある
  • 最大70%のセール

デメリット

  • 荷物の扱いが雑
  • 荷物が遅れる場合がある

サイクリストの方であれば、wiggle(ウィグル)という名前は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 

wiggleとはイギリスに拠点を置く海外通販サイトになります。

海外通販サイトとなると「安い」「日本にはない商品がある」というメリットと同時に「ちゃんと届くのか?」「ハードルが高そう」といったマイナスのイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

今回はwiggleについての口コミや評判、メリットとデメリットについて調べてみましたので解説していきたいと思います。

wiggle(ウィグル)とは

wiggle とは

引用:https://www.wiggle.jp/

会社 株式会社wiggle
業種 サイクリングECサイト
代表 Will Kernan
料金 それぞれ公式サイトで確認
公式サイト https://www.wiggle.jp/

自転車用品だけではなく、スイミングやランニングなどのスポーツ用品を取り扱っているイギリスの通販サイトになります。

国内で販売している商品がwiggleではかなり安く販売されていることもあり、また9500円以上の買い物をすれば一部商品を除いて送料無料になります。

サイトはすべて日本語で表示されているため、利用しやすくなっています。

特徴①サイトが日本語に対応してある

上記で説明した通り、wiggleのサイトは日本語に対応しています。

翻訳ソフトを使ったような読みづらい日本語ではないため、商品説明などの長文もストレスなく読むことができます。

また日本人の利用が多いため日本語の商品レビューもあり、購入するときの判断材料として参考になります。

特徴②値段が安い

wiggleが日本人に利用されている一番の理由は、お得に商品を購入できるケースがあるからこそ値段が安い。

自転車メーカーの多くは欧州にあり、日本に入ってくる間に代理店を通すことになるため、普通に購入すると高くなってしまいます。

海外通販サイトで個人輸入をすれば余計な費用が掛からなくなり、現地価格で購入することができます。

例えば人気のアルミホイールであるフルクラムのレーシングゼロは

Amazonでは150,700円に対しwiggleでは82,600円で販売されていました。

半分に近い金額で購入できるため、大変おすすめです。

特徴③9270円以上で送料無料

2021年7月18日現在の配送料金は

配送方法 送料
9270円以上 エクスプレス配送 773円
9270円以下 エクスプレス配送 2465円

となっています。

為替の影響で送料の料金は多少前後するようです。

大型商品であるバイクやフレームは、9270円以上でも配送料がかかり、

  • バイクの場合は30233円
  • フレームであれば8714円

掛かります。

タイヤやチェーンなど、バイクのメンテナンスにはいろいろとお金がかかりますので、9270円という値段はそこまでハードルは高くないと思います。

※個人輸入となると「関税」「消費税」の知識がある程度必要になります。

今回は個人輸入で合計課税価格が20万円以下の場合の「簡易税率」について記載します。

まず関税は課税価格(商品代金の60%)に「商品ごとの関税率」をかけたものになります。

3万円のウェアを購入した場合
30,000円×0.6=18,000円(課税価格)
に関税率をかけた
18,000円×10%(関税率)=1,800円(関税額)

が実際に支払う金額です。また関税がかかる場合は、通関手数料(荷物一つにつき200円)も支払うことになります。

課税価格が10,000円以内の場合は免税となるため、買い物の金額を16,666円以内に収めることで関税も消費税も免除されます。

また自転車や自転車パーツは基本的に関税がかからないため、ホイールなどの高価な買い物をしても関税については気にしなくても大丈夫です。

免税対象外の商品もあり、例えば革製の商品や(シューズやバッグなど)酒類、タバコ類などは課税価格が10,000円以内でも関税を支払うことになります。

自転車用品でいうとウェアやシューズなどが免税対象外になる可能性があるようです。

関税額を支払うタイミングは商品を受け取る時になります。念のため、ある程度の現金を用意しておきましょう。

つぎに消費税についてです。

課税価格+関税額に、日本の消費税10%をかけた金額を支払うことになります。

先ほどホイールに関税はかかりませんと書きましたが、16,666円以上であれば消費税のほうはかかりますので注意しましょう。

消費税を支払うタイミングも関税と一緒で、荷物を受け取る時になります。

\ 低価格でサイクリング用品を購入しよう!! /

※詳細は上記ページをご覧ください。

wiggle(ウィグル)の評判・口コミまとめ

wiggleの評判・口コミをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

①驚愕のセールによる割引

②届くのがとても早い

③海外の商品を日本語で購入する事ができる

wiggle(ウィグル)を利用するメリット

wiggle メリット

このwiggle(ウィグル)のメリットは上記の通りです。

見ていきましょう。

メリット①問い合わせも日本語で対応

wiggleではサイトの日本語表記だけではなく、金額も¥表記してくれています。

またカスタマーサービスには日本人の担当が常駐しているため、問い合わせも日本語ですることができ、使い勝手は国内の通販サイトとほぼ変わりません。

商品を購入した後にトラブルが発生したとき、日本語でやり取りできるだけでもかなり安心感が違うと思います。

メリット②日本にはない商品がある

wiggleでは日本の通販サイトで見かけない商品があります。

フランスのロードバイクブランドであるvitus(ヴィータス)は、海外の通販サイトでしか入手できません。

またwiggleのプライベートブランドであるdhbは、サイクルウェアとしてコストパフォーマンスが抜群と言われています。

「日本の通販にはないカラーがあった」「日本で取り扱いが終了した商品があった」などの理由でwiggleを利用している人もいましたので、気になる商品が日本になかったときは確認してみるといいかもしれません。

メリット③最大70%のセール

wiggleでは定期的にセールを行っています。

現在2021年7月18日もサイクル用品のセールをしており、バイクパーツやサイクルウェアには最大70%offという表示がされています。

対象となる商品もたくさんあり

  • バイク
  • ホイール、タイヤ
  • ウェア、シューズ
  • ヘルメット、サングラスなどのアクセサリー
  • コンポーネント
  • ガジェット、メンテナンス用品
  • インドアトレーニング

などになります。

また、14,900円以上の買い物で更に15%offで購入できる(一部商品を除く)コードもついてくるため、更にお買い得に購入できます。

\ 低価格でサイクリング用品を購入しよう!! /

※詳細は上記ページをご覧ください。

wiggle(ウィグル)を利用するデメリット

wiggle デメリット

また、wiggle(ウィグル)のデメリットは上記の通りです。

順番に解説していきます。

デメリット①荷物の扱いが雑

海外となると荷物の取り扱いは日本よりも雑になる可能性が高くなります。

ただ箱がつぶれる、破れるといったことはあっても商品自体が破損するということはあまりないようです。

仮に商品が破損したとしても日本語での問い合わせができ、対応に不満があるといった評判も見なかったため、安心して利用できると思います。

デメリット②荷物が遅れる場合がある

wiggleでは配送もスムーズで基本的に問題はありません。

ただ海外から取り寄せるため、国内よりも配送が遅れるリスクは高くなります。

単純な配送の不具合だけではなく、新型コロナウィルスの影響であったり、2010年に火山が噴火したことで配送に遅れが生じたことがありました。

wiggle(ウィグル)をオススメしたい人

wiggleをおすすめしたい人は下記のような方々です。

おすすめ

 サイクリングが好きな人

 海外通販を利用したことがある人

 商品を安く買いたい人

wiggleはサイクリストに人気なだけあって、サイクリングに関するものが安くて多数そろっています。

海外通販を利用したことがある人であれば、あまり抵抗もないと思うのでおすすめします。

wiggleをオススメできない人

また逆にwiggleをおすすめできない人は下記のような方々になります。

おすすめできない

 海外通販に不安がある人

 国産メーカーを好んで利用している人

 急いで商品が欲しい人

海外だと国内よりも梱包が簡素であったり、箱が破けるということがおきやすいですし、配送途中でトラブルが起こったときの対応なども面倒になります。

できるだけリスクを避けたいのであれば、国内での買い物をおすすめします。

また国産メーカーをよく利用している、早く手元に商品が欲しいという人がwiggleを利用する必要性はあまりないと思います。

wiggleまとめ

wiggleは海外通販ならではのメリットがあり、日本語にもしっかりと対応していて安心して利用することができます。

wiggleについてまとめると

  • サイトが日本語で表記されており、ストレスなく利用できる
  • カスタマーサービスに日本人が常駐しており、日本語で問い合わせができる
  • 国内の通販と比べるとかなり安い商品がある
  • 日本では取り扱っていない商品がある
  • 通常の商品は9270円以上で送料無料
  • 最大70%のセールが行われるときがある

になります。

wiggleは海外通販サイトとしてはとてもハードルが低いため、身構えることなく利用することができると思います。

また国内の通販サイトと比べてもたくさんのメリットがありますので、興味がある人は利用されてみてはどうでしょうか?

\ 低価格でサイクリング用品を購入しよう!! /

※詳細は上記ページをご覧ください。

URL
quotation source
マッチング
商品売買
ハッシュタグ
全国で利用できる

 

※当記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。詳細はこちらをご覧ください。

サービスへのレビューをお願いします!

レビュー内容



※メールアドレス・サイトを記載しなくてもレビュー投稿ができます。



画像について

この記事のロゴ、画像及び参考資料は、紹介サービスの公式サイトから引用させていただいております。

ページ上部の方に、引用元のリンクを貼っておりますが、削除依頼があれば早急に削除致します。

サービスの利用について

当メディアで紹介しているサービスは基本的には安全なものを剪定して選んでおります。



しかし、表面だけサービスを調査しても実際の中身は分かりません。必ず、サービスを利用する前には無料体験やカウンセリングを経て利用される事を推奨します。

SABICHOUマガジン