サービスまとめ

【2022年】日本のコーヒーチェーン店・カフェおすすめランキングTOP10

日本にはたくさんのコーヒーチェーン店・カフェrがあります。それぞれ好みや好きな場所が違いますが、お店によってコーヒーの味は違います。それは使っているエスプレッソマシーンだったり、作っている人によっても変わってきます。

本記事ではオススメのカフェチェーン店を、良い部分と悪い部分を比較して評価し、ランキングにしてみました。料金やサービス内容を比べて、自分に合ったカフェチェーンに行ってみてはいかがでしょうか。

日本のコーヒーチェーン・カフェおすすめランキングTOP10

①スターバックスコーヒー

サービスの質・味・雰囲気全てが完璧な場所

  • 種類豊富なフラペチーノが有名なコーヒーチェーン店
  • カスタマイズ自由でオリジナルドリンク作成もできる
  • タンブラーなどオリジナルグッズも満載

スターバックスコーヒーの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • フラペチーノが種類豊富
  • カスタマイズでオリジナルドリンクが作れる
  • タンブラー持ち込みで割引

微妙なところ

  • 慣れていないとカスタマイズはしづらい
  • 店舗限定メニューが多い

スターバックスコーヒーの基本情報

運営会社 スターバックスコーヒージャパン
店舗数 1,685店舗
料金価格 280円〜
雰囲気 おしゃれ・清潔
おすすめ スターバックス ラテ
対応の質
Wi-Fi
喫煙席 ×

スターバックスコーヒーの詳細記事を読む

②ドトールコーヒー

低価格で本格的なコーヒーが飲める

  • 本格的なコーヒーが220円で飲めるコーヒーチェーン店
  • 半分でも食べごたえ抜群なミラノサンド
  • プレゼントにピッタリなギフトも充実

ドトールコーヒーの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • フラペチーノが種類豊富
  • ミラノサンドが有名
  • ギフトメニューが豊富
  • dポイントが貯まる
  • 様々なキャッシュレス対応

微妙なところ

  • マイカップ持参の割引がない

ドトールコーヒーの基本情報

運営会社 ドトール・日レスホールディングス
店舗数 1,079店舗
料金価格 220円〜
雰囲気 落ち着きある
おすすめ カフェ・ラテ
対応の質
Wi-Fi
喫煙席

ドトールコーヒーの詳細記事を読む

③サンマルクカフェ

チョコクロワッサンが最大のポイント

  • 焼き立てパンが絶品のコーヒーチェーン店
  • サクサクのチョコクロワッサンが絶品
  • バリューランチセットはボリューミーでお買い得

サンマルクカフェの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • チョコクロが有名
  • コーヒーのこだわりが強い
  • 焼き立てパンが楽しめる
  • ランチセットが豪華

微妙なところ

  • 全国に店舗がない
  • 焼き立てパンは常時置いていない

サンマルクカフェの基本情報

運営会社 サンマルクホールディングス
店舗数 361店舗
料金価格 200円〜
雰囲気 落ち着きある
おすすめ ブレンド
対応の質
Wi-Fi
喫煙席

サンマルクカフェの詳細記事を読む

④タリーズコーヒー

落ち着いた高級感のある味と雰囲気

  • コラボ商品が見どころのコーヒーチェーン店
  • オリジナルアプリでお得に利用できる
  • こだわりのコーヒーは食事と相性抜群

タリーズコーヒーの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • 限定コラボ商品がかわいい
  • タンブラー・マグ割引がある
  • 2杯目おかわりで割引されお得
  • フードメニューが豊富

微妙なところ

  • フードの評判が微妙

タリーズコーヒーの基本情報

運営会社 タリーズコーヒージャパン
店舗数 730店舗
料金価格 320円〜
雰囲気 高級感のある
おすすめ ハニーミルクラテ
対応の質
Wi-Fi
喫煙席

タリーズコーヒーの詳細記事を読む

⑤コメダ珈琲店

圧倒的なコーヒーの質を見せつける

  • ボリュームが自慢のフルサービス型喫茶店
  • 温+冷の相性バツグンなシロノワールが有名
  • 選べるモーニングセットがお得

タリーズコーヒーの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • ボリューミーで食べごたえ満点
  • 食事からデザートまでメニューが豊富
  • ドリンクオーダーでモーニングサービスがつく
  • シロノワールが有名

微妙なところ

  • 軽食向きではない
  • 同じ商品でも店舗によって値段が違う

コメダ珈琲店の基本情報

運営会社 コメダホールディングス
店舗数 899店舗
料金価格 420円〜
雰囲気 アットホーム
おすすめ ブレンドコーヒー
対応の質
Wi-Fi
喫煙席

コメダ珈琲店の詳細記事を読む

⑥カフェ・ベローチェ

少し昔の雰囲気が漂うレトロなカフェ

  • コーヒーがリーズナブルな価格のコーヒーチェーン店
  • ワンコイン以下のモーニングセットがお得
  • スイーツが本格的で美味しい

カフェ・ベローチェの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • コーヒーがリーズナブル
  • スイーツが美味しい
  • モーニングがお手軽な値段
  • アプリで来店ポイントが貯まる

微妙なところ

  • 店舗数が少ない

カフェ・ベローチェの基本情報

運営会社 C-United株式会社
店舗数 160店舗
料金価格 200円〜
雰囲気 アットホーム
おすすめ ブレンドコーヒー
対応の質
Wi-Fi
喫煙席

カフェ・ベローチェの詳細記事を読む

⑦上島珈琲店

濃厚なコーヒーを提供してくれるお店

  • 缶コーヒーで有名なUCCが運営するコーヒーチェーン店
  • 時間が経っても美味しいネルドリップコーヒー
  • デリバリーやモバイルオーダーにも対応

上島珈琲店の良い部分・微妙な部分

良いところ

  • コーヒーが濃厚で美味しい
  • ランチメニューが豊富
  • モバイルオーダー・デリバリー対応
  • アプリ登録で割引ができる

微妙なところ

  • 他のチェーン店に比べ店舗数が圧倒的に少ない
  • モーニングがボリューム少なめ

上島珈琲店の基本情報

運営会社 ユーシーシーフードサービスシステムズ
店舗数 98店舗
料金価格 400円〜
雰囲気 アットホーム
おすすめ ミルク珈琲(黒糖)
対応の質
Wi-Fi
喫煙席

上島珈琲店の詳細記事を読む

⑧星乃珈琲店

落ち着く事ができる場所といったらここ!

  • アンティークで落ち着いた雰囲気の喫茶チェーン店
  • 3種類のこだわりのハンドドリップコーヒー
  • 厚めでふわふわなスフレパンケーキが有名

星乃珈琲店の良い部分・微妙な部分

良いところ

  • 3種類のコーヒーから選べる
  • 焼きたてのスフレパンケーキが有名
  • 食事メニューがボリューミー
  • コーヒーチケットでお得に利用できる

微妙なところ

  • 公式サイトですべてのメニューが見られない
  • 料金は高め

星乃珈琲店の基本情報

運営会社 ドトール・日レスホールディングス
店舗数 283店舗
料金価格 400円〜
雰囲気 アンティーク
おすすめ 星乃ブレンド
対応の質
Wi-Fi ×
喫煙席

星乃珈琲店の詳細記事を読む

⑨PRONTO(プロント)

バーカウンターありのおしゃれカフェ

  • 昼はカフェ、夜はサカバで楽しめるカフェチェーン店
  • パスタがもちもちで食べごたえ満点
  • 夜はパーティメニューでお得に楽しめる

PRONTの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • ドリンクの種類が豊富
  • 昼と夜でさまざまなメニューが楽しめる
  • パーティプランでお得に利用できる
  • 生パスタが美味しい

微妙なところ

  • コーヒーはイマイチ

PRONTの基本情報

運営会社 ドトール・日レスホールディングス
店舗数 343店舗
料金価格 240円〜
雰囲気 おしゃれ
おすすめ カフェラテ
対応の質
Wi-Fi
喫煙席

PRONTの詳細記事を読む

⑩エクセルシオール カフェ

最高級のエスプレッソを楽しめる

  • 新鮮な直火焙煎のコーヒーが飲めるコーヒーチェーン店
  • +50円でドリンクにカスタマイズ可能
  • ドトールのバリューカードが利用できる

エクセルシオールカフェの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • 食事がバラエティ豊か
  • +50円でドリンクオプションが付けられる
  • ドトールのバリューカードが利用できる
  • アルコールがある

微妙なところ

  • ホットコーヒーが1種類しかない

エクセルシオールカフェの基本情報

運営会社 ドトール・日レスホールディングス
店舗数 123店舗
料金価格 300円〜
雰囲気 高級感のある
おすすめ カフェラテ
対応の質
Wi-Fi
喫煙席

エクセルシオール カフェの詳細記事を読む

11位以上はこちらをタップしてご覧ください

⑪ベックスコーヒー

コスパ良く飲めるコーヒー店

  • お手頃な値段でコーヒーが飲めるコーヒーチェーン店
  • 厳選した上質な豆を店内で挽く
  • ボリューミーなフードメニューが豊富

ベックスコーヒーの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • コーヒーが手軽な値段で楽しめる
  • フードメニューがボリューミー
  • 割引クーポンが利用できる

微妙なところ

  • フードメニューが少なめ

ベックスコーヒーの詳細記事を読む

⑫ブルーボトルコーヒー

美味しい水出しコーヒーといったらここ

  • 丁寧に1杯ずつハンドドリップするコーヒーチェーン店
  • 水出しアイスコーヒーは味わいすっきり
  • 注文されてから作るワッフルが有名

ブルーボトルコーヒーの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • 質の高いコーヒーが飲める
  • アイスコーヒーは水出しですっきり飲める
  • ワッフルがとても美味しい

微妙なところ

  • メニューの詳細が店頭でしかわからない

BLUE BOTTLE COFFEEの詳細記事を読む

⑬シアトルズベストコーヒー

アメリカを肌で感じる事ができるコーヒーチェーン

  • アメリカを彷彿とさせるコーヒーチェーン店
  • 他では味わえない炭酸コールドブリューは夏にピッタリ/li>
  • アップルタルトはコーヒーや紅茶と相性抜群

シアトルズベストコーヒーの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • コーヒーが安い
  • メニューが豊富
  • スイーツはテイクアウトもできる

微妙なところ

  • 店舗によって取り扱っていないメニューがある

シアトルズベストコーヒーの詳細記事を読む

⑭珈琲館

7種類の最高級コーヒーを飲める

  • 7種類のコーヒーが楽しめるコーヒーチェーン店
  • オリジナルホットケーキはバリエーション豊富
  • ランチセットでお得に利用することも

珈琲館の良い部分・微妙な部分

良いところ

  • ブラックコーヒーが7種類ある
  • ホットケーキが美味しい
  • ランチメニューが豊富
  • 2杯目はコーヒーが半額になる

微妙なところ

  • コーヒーの値段は高め

珈琲館の詳細記事を読む

⑮猿田彦珈琲

全てにこだわり尽くしたチェーン店

  • 素材、焙煎、抽出までこだわったコーヒーチェーン店
  • アレンジコーヒーなどの種類が豊富
  • 大人のアイスクリームが楽しめる

猿田彦珈琲の良い部分・微妙な部分

良いところ

  • 本格的なコーヒーが楽しめる
  • 大人が楽しめるアイスクリームが有名
  • タンブラー持ち込みで30円値引き

微妙なところ

  • クーポンなどの割引がない

猿田彦珈琲の詳細記事を読む

⑯DEAN&DELUCA

コーヒーのみならず食事メニューまで完璧

  • コーヒーが苦手でも満足できるカフェチェーン店
  • チェーン店とは思えないクオリティの食事メニュー
  • オンラインメニューでお店の味が楽しめる

DEAN&DELUCAの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • 食事メニューのクオリティが高い
  • コーヒー以外のドリンクメニューが豊富
  • オンラインショップでもたくさん取り揃えている

微妙なところ

  • 一部店舗では取り扱っていない食事がある

DEAN&DELUCAの詳細記事を読む

⑰グリーンベリーズコーヒー

日替わりで変わるコーヒーを楽しめる

  • コーヒーメニューが豊富なコーヒーチェーン店
  • 毎日焼き上げるスコーンが有名
  • とてもボリューミーなモーニングセット

グリーンベリーズコーヒーの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • コーヒーメニューが豊富
  • モーニングセットが豪華
  • 毎日焼き上げるスコーンが有名
  • キッズプレートがある
  • 店舗によってキッズスペースがある

微妙なところ

  • 店舗数が少なく混んでることが多い

グリーンベリーズコーヒーの詳細記事を読む

⑱ホリーズカフェ

美味しい水出しコーヒーが飲める

  • リーズナブルなコーヒーが飲めるカフェチェーン店
  • 水出して8時間かけて中執したダッチアイスコーヒー
  • ボリューム満点な手作りサンドイッチ

ホリーズカフェの良い部分・微妙な部分

良いところ

  • 本格的なコーヒーが安い
  • 手作りサンドイッチが有名
  • 「大吉」サービスで1杯無料券がもらえる
  • セットメニューでお得に注文できる

微妙なところ

  • クーポンなどは利用できない
  • 食事メニューが少ない

ホリーズカフェの詳細記事を読む

日本のカフェ・コーヒーチェーン店の特徴

カフェ 特徴

メニューが違う

同じドリップコーヒーでも複数の豆の種類のコーヒーを置いている店があったり、コーヒー以外のフラペチーノなどのデザートドリンクの種類が多い店があったりします。

また、フードメニューについても、ケーキ類が多い店もあれば焼き菓子やドーナツ、サンドイッチなどを多数置いている店もあります。

さらには、コーヒー豆を袋購入できるところや、店のオリジナルカップやタンブラー、ノートなどの文房具を販売しているところもあるというのも大きな特徴です。

そのほかにもコーヒー豆とカップのセット商品が箱詰めされて販売されており、プレゼント用に購入したり、ちょっとしたご褒美で購入することも可能。

カフェ=飲み物というだけでなく、多種多様な商品が販売されているというのがポイントです。

季節ごとのフェアの内容が違う

1年を通して様々なイベントがカフェによってそれぞれあります。

バレンタイン、ハロウィン、クリスマス・・・、他にもイベントだけではなく季節の変化に応じてフェア商品が様々変化します。

カフェやコーヒーチェーン店ごとに商品が様々な種類があります。

例えば、季節限定のフラペチーノが出されたり、その季節の色やイメージキャラクターがあしらわれたカップやタンブラーなどが販売されるのです。

フェアの期間についても店ごとに異なり、クリスマス商品が長めに設定されてるなど人気の季節イベントについては早めスタートで長期間楽しめるように設定している店舗もあります。

店ごとに力を入れるところが異なるため、期間に若干のばらつきがあることもある。

商品の価格が違う

同じドリップコーヒーでも店によって価格設定が異なっている。店ごとにこだわるポイントが違うので、値段の差が生じることになります。

最近は、スターバックスなどブランド名が広く知れているものについては他の店舗より高く設定されてるものもあるように感じます。

他にも例えばドリップコーヒーの値段が1杯300円ですが、サイズ展開を3つにして販売する店もあるため、消費者は選択肢が多くなるというお店もあります。

カフェはドリンクだけではなく、最近はカフェで長時間作業する人が増えたこともあり、フードのクオリティも上がっています。

そのため、ケーキ屋と同じもしくはより高価な価格設定でケーキや焼き菓子が販売されていることもあります。

食事メニューがあるところとないところがある

ドリンクと合わせて売られているケーキ屋焼き菓子とは別に、パスタやサンドイッチ、グラタンなどの食事メニューを販売するカフェも近頃は増えてきています。

ドリンクとセットメニューで販売することで、お得に食べることができます。

駅など改札近くに構える店舗では見かけることは少ないですが、テーブル席が多くあったり、少し離れてる店舗やオフィス街などでは食事メニューを取り扱っている店が多いですね。

カフェでガッツリ食事をとるイメージはあまりありませんが、食事メニューがあることで食事も作業も同じ場所で済ませられるというメリットがあるため、時短にもなり、店側にとってもドリンク一杯で済ませられるよりも売り上げにいい影響を来すのではないかと思います。

日本のカフェ・コーヒーチェーン店の選び方

カフェ 選び方

立地で選ぶ

駅やオフィス街、ショッピングセンターの中にあるととても良いです。

駅の近くは、仕事終わりや学校終わりに休憩したり、友達とゆっくり話す場所に最適ですよね。

ショッピングセンターでは、たくさん歩いて休憩する場所として夕方ごろはお客さんで大いに賑わっているところをよく見かけます。

何かのついでにカフェは利用することが多いので立地は重要事項になるのではないかと思います。

また、カフェに行くことを目的に外出するより、休憩や時間を潰すことを目的にフラッと利用する人が多いと思います。

そのため、交通の便が良いところや人が多く集まるところにあると利用しやすく、車や移動手段がなくても気軽によることができるので重要な点だということになりますね。

メニューの豊富さで選ぶ

ドリンクだけでなく、一緒にフードやおいしかったコーヒー豆を家で楽しもうと購入する人が増えました。

そのため、メニューが豊富にあることで楽しめる要素が増えると、また来店しようという気持ちにもなります。

いくつも食べてみたいメニューがあれば「次はこれを食べてみよう」という楽しみも作ることができます。

また、選ぶ楽しさは購買意欲の向上にもつながるのではないかと思います。

そのため、イベントや季節のフェアだけでなく普段からメニューを数多く取り揃えることは重要です。

最近は家族で訪れることも増えてるため、キッズメニューなど臨機応変に対応できるような店舗もあると、さらに利用頻度の向上にもつながっていきますね。

値段で選ぶ

値段が安いに越したことはありませんが、ある程度用途に応じて選べる価格設定が必要です。

例えば、コーヒー1杯にしてもスモール・レギュラー・ベンティサイズなど3種類を取り揃える店について考えたときに、朝の1杯であればそんなに量は必要ないと思います。

しかし休日の読書のお供であれば少し多めの量が必要です。

サイズが用途に応じて選べる=価格も選べるというのは店を訪れる理由の大きな一つになります。

また、単品価格だけでなく、セット価格も用意することで「せっかくならいただこうか・・・」と購買意欲を高めるのではないかと感じます。

現に仕事終わりのカフェは甘いものも一緒にいただこうと、つい財布の紐が緩んでしまうので価格でカフェを選ぶのも大切です。

Wi-Fiが完備されているかで選ぶ

現代に置いて一番重要だと思います。

リモートワークや遠隔ワークの需要によってカフェで仕事をする人も増え、気分転換にカフェへ足を運ぶ人も増えています。

Wi-Fi環境がある、ないで滞在時間もかなり差ができます。

youtubeを見ていたらあっという間にコーヒーがなくなり、もう1杯いただこうか・・・なんてことにも繋がり、より多くの時間を過ごすこともできます。

あえて家にWi-Fiを通さず1杯のコーヒーでカフェのWi-Fiで仕事をする人にもピッタリです。

利用・滞在・購買を促進してくれる手段として店にWi-Fiがあるかどうかは現代に置いて最も重要な要素の一つになっているのではないでしょうか?

まとめ

カフェ まとめ

今は様々なコンセプトや商品の取り揃えの店があります。

「カフェ巡り」なんて言葉もできて1日で何件もカフェを巡っている人もいるくらいカフェが好きな人が増えています。

ドリンクやフードを楽しむ、静かな環境で仕事や勉強に励む、わいわいと友達をおしゃべりをする、はたまた窓から見える景色で癒される・・・。

楽しみ方や使い方は人それぞれでニーズに合わせてカフェも進化してきました。

チェーン店だけでなく個人店や飲食業界にはなかったブランド業界などもカフェ進出をしています。

人々のライフスタイルの変化に合わせてカフェの楽しみ方も変化しているということです。

今までカフェはコーヒーを飲む場所だけだったところを視点と目的を変えて訪れ、楽しんだり新たな発見をしたりすることもいいかもしれないですね。

  • この記事を書いた人

SABICHOU運営局

世の中にあるサービスを800種類以上調査・レビューしているSABICHOUの運営主になります。2,000を超えるレビューを武器に様々な観点からサービスについて詳しく解説していきます。

-サービスまとめ
-

© 2021 sabichou Powered by AFFINGER5